FCは初めて商売する人に最適な独立開業法

FC(フランチャイズ)は、初めて商売する人に最適な独立開業法です。なぜなら、FC本部は、商売のやり方をそっくり指導してくれるからです。
その商売のやり方とは、どんな所で商売するのがよいか、どんな店舗を作ればよいか、どんな商品を仕入れればよいか、どのように接客やレジの仕事をすればよいか、どのような広告をすればよいか、などなどです。
初めて商売するのに、誰にも頼らず自分の力で、一から全てやるのには、それは大変なことです。
最初のうちは、商売のやり方について、どの方法が一番早くできるか、また効果があるのか、いくつかの方法の中から試行錯誤して、自分で発見しなければなりません。
しかし、一番良い仕事のやり方を発見するまでに、いくつかの失敗を繰り返さなければならないでしょう。この失敗のコストも大きな金額になります。その店、FCに加盟して商売を始めれば、仕事のやり方などは、本部から具体的な指導を受けることができます。

FC加盟店の8割の人が商売に満足している

本部は、直営店ですでに商売を経験し一番効率的な仕事のやり方を持っています。あなたは、本部に加盟金を支払って、本部のノウハウをそっくり買うのです。
これがFCビジネスというものです。だからFCに加盟し、商売を始める方が、自分でやるよりずっと簡単だし、成功の確率も高いのです。
では、加盟店がFCに加盟してどのくらいの人が満足しているのでしょうか。加盟店にアンケートをしてみました。
回答者は、飲食店のFCに加盟している経営者たちです。その結果「満足している」「ほぼ満足している」の合計で8割に達しています。儲けが出ていないのは、100名中7人だけでした。このアンケート結果で分かるようにFCに加盟して商売すると非常に成功率が高いといえます。

成功事例で見るFC加盟店

ここで、FCに加盟して商売を始めた一人の成功者を紹介します。
紹介する経営者は、お客に愛され、信頼、感謝される店作りをスローガンに、躍進を続ける居酒屋の「村さ来」加盟店のオーナーA社長です。
彼は35歳で脱サラ、FCの加盟店になって商売を始めました。その後12年間で着実な業績を続けて6店舗の居酒屋と台湾料理店1店舗を持つようになりました。
1号店は池袋のサンシャイン通りに面したビルの4階で出店を決めました。階上に出店するのは村さ来では初めての試みです。
本部の開発担当者から難しいといわれましたが、彼には勝算がありました。それは、彼が独立にいたるまでたくさんの店をみて回り研究してきたので、2階3階に居酒屋があっても珍しくないことを知っていたからです。
しかし、勝算があっても店を開けて見なければ分かりません。開店が近づくにつれて不安になってきたといいます。開店の数日前から自ら先頭を切って、近くのビルにチラシを投函したり、ビラを配ることをやったといいます。
この努力が功を奏してか開店日から店内にお客が入りきれずに、入り口に立ち往生するほどの繁盛をしました。
彼は、お客が来てくれたことに本当に感謝し、有難いことだと思ったそうです。彼は、店頭で待ってくれるお客に感謝の気持ちでチューハイを無料で提供し、それでも還ってしまうお客には、チューハイの無料券を配りました。
その後、店を始める時に借りた借金の返済が終わる頃を見計らって新しい店舗を出しています。決してどんなよい条件があっても無理してまで出店はしていません。
現在7店と増えてきました。1店舗の時では、次に2号店を出店するまで3年掛かりました。これからは、7店舗の利益で返済できます。今後の出店ペースは、以前よりまして早まるでしょう。

スポンサードリンク


超濃厚 宇治抹茶生チョコレート 20粒入≪ホワイトデーギフト特集≫§京都 宇治のお茶屋作挽き...




FCビジネスで儲けよう